肥満大国を調べて分かったこと。和食に近い文化の国でも肥満は多い

こんにちは、もちこです。

今回は肥満大国と、その生活+αを調べて見えてきたことを綴っていこうと思います。

 

参考にしたのはこのサイト

世界・成人の肥満率ランキング(WHO)

2008年のデータなので今は変動してるかもしれないです。

 

肥満率1位はナウル共和国。

他の肥満率ランキングサイトも見てみましたが、どれも1位か2位でした。

まずナウルの人々は、痩せて細い人が魅力的・・・ではなく、太っている人が、豊かに見えて美人!魅力的!といった価値観があるそうです。

旧石器時代に作られたとされるヴィレンドルフのヴィーナスのように、豊穣によってふっくらとした肉付きのよい人が理想的、というのが根強く残っているようですね。

 

 

あと、お酒と肥満って、お酒が直接的に太る原因ではないですね

ナウルは肥満率1位ですが、お酒はあまり飲まないのです。

逆にお酒めっちゃ飲むフランスは、肥満率のランキングで189位中120位(痩せてる方)となかなか良い位置にいます。

お酒が直接的に太る原因ではないけれど、

お酒はダイエットの敵!ってよく言われるのは、

酔った勢いで、あぶらっこいものを食べすぎるのが主な原因になると考えられますね

 

あとは食生活。

ナウルの人々はお米、魚(缶詰も)、フルーツをよく食べます

おー!魚良く食べてるならいいんじゃない?って気がするんですけど、

ごはん1+おかず1 の、ぶっかけ飯

なんですよね

言うなれば、毎日す○家の牛丼ばっか食べてる状態です。

これはまずい。まずいよね。

 

以前は主食がタロイモという、サトイモに似た芋だったのですが、

ナウルが食料を輸入するようになってから、お米や加工食品が多くなってきて肥満率が上がったみたいなのです。

また働かなくてよいなら働かない!という気質を持っていて、自炊はしないとのこと。

なのでお米に缶詰!ぶっかけ飯!おいしい!ってなってます

あとは、ナウルに中国人がお店を開きまくってることも原因のひとつになってます。

中華料理ではなく先ほどのぶっかけ飯をメインに(あぶらっこい料理ももちろん)

長時間開店してるので、自炊しないナウル人はどんどん食べていく・・・

肥えていってしまっている・・・という仕組みです。

あとは、ナウルのスーパーにはインスタント食品、加工品くらいしか無いそうで。

インスタント食品も作るの楽で安いから、どんどん食べちゃうんでしょうね

お米食べてるから、魚食べてるから健康だとか、ダイエットに良いってわけではなくて、

食べ方だとか、栄養バランスを考えない食事が太る原因なんですね

今、魚の油が健康に良いとか言ってますが、

それは、今の日本人の魚の油の摂取量が足りなくて必要としてるから、健康と銘打ってるだけです

肉の油と魚の油って種類が違くて、双方どっちもバランスよく摂ることが大事なのですが

どっちも油ってことには変わりなくて、摂りすぎるとダメなんです

まとめ!

1.お酒は直接的な肥満の原因ではない

2.ごはん1おかず1のぶっかけ飯だけ、あぶらっこいもの、インスタント食品は太る

3.栄養バランス大事。野菜食べてね

以上です。

世界に目を向けると色んなことが分かってきて面白いですね

今回調べたナウルは、経済自立が難しく、色々な国から食べ物を輸入したり援助してもらってる背景があるのですが

輸入するものがインスタントだったり加工品だったりするとそりゃ太るわなって感じです

与えられたものだけで痩せろ!って言われても、基礎代謝が高ければ勝手に痩せるんですけど、健康的ではないですよね

日本も輸入品は多いけど、栄養バランスが整ってるのでちゃんとした選択をすれば健康的に痩せます

今回はこれにて!ではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中