クレープ店で3年バイトしてたけどしっかり痩せた話

こんにちは、もちこです。

私は大学時代、クレープ店でアルバイトをしていました。

クレープ焼けますよ!
200℃の鉄板を使って、1枚のクレープ生地をだいたい10秒くらいで焼いてました。

もちろんいろいろ具材のっけたり巻いたりするのもやってました。
クレープは私がバイトしてたところが一番おいしいと思っています(笑)

クレープで働いてる人って華やかなイメージありますよね。
実際中身めっちゃ戦場です。

バイト先は結構売り上げが多いところで、忙しい時なんかは4時間くらいずっと焼きっぱなしの時もありました。
なつかしいな~

クレープは、生地からホイップやら何やら、たまにアイスとかケーキも乗ってきて、
ほんっっっっっっとに太るやつです。
脂肪と炭水化物のパーリナィ。

でもやっぱり食べるとちょ~~幸せ。
しょっぱいクレープもね、意外とおいしいんですよ!

私のバイト先はわりとバイト勢に寛容でして、
休憩時間になると、普通のクレープはもちろん、期間限定のクレープも食べさせてくれました。
私も、休憩時間になると必ずクレープを食べていました!

(期間限定のクレープは味をお客様に聞かれることがまれにあるから、その対応ができるように食べさせてくれたっていうのもあると思います)

ショッピングモールの中に入ってたから、土日祝日は家族連れでほんとに混みました。

そんな中バイト行って、目まぐるしくクレープを作っては
お客様に渡し、また作り、休憩時間にクレープを食べる…。
そんな日々を過ごしていました。

でも、

いつの日かは覚えてないんですけど、急にね、

クレープに飽きたんですよ。

大量にクレープをつくりすぎてて、

「料理」としてつくっているよりか

「モノ」をつくってる

っていう感覚に陥ったんですよね。

なんか、休憩時間に食べても、

「中身の具はまあそこそこだけど、生地いらんな」って。

それから、休憩時間はお弁当を持ってきたり、
お茶とかジュースで済ませたり、
クレープより数倍ヘルシーな別のお店で買っていました。

で、先日たまたま発見したんですけど、

この現象、心理学的に裏付ける研究があったんです!

米ブリガムヤング大学というところの研究チームが
行なった実験で、学生に大量の食べ物の写真を見せて、実際にその食べ物を与えたところ
その食べ物をおいしく感じないという結果になったそうです。

つまり、特定の食べ物を大量に見ると、その味に飽きてしまう
と説明しているんです。

まんま私やないか!!!!って
めっちゃくちゃ合点いきました。

もう、何十枚、何百枚、何千枚ものクレープを見てきています。

だから飽きたんだなあと。

そのうえ、バイトをしてなくて、クレープ店に立ち寄った時でも、もう飽きるほど見続けてきたから、全然食欲湧かなかったんですよね。

だから、バイトしてない日でも無駄に食べることが減りました。

なのでね、めっちゃハイカロリーなものをめっちゃ食べたい!!!ってなったときは、

100枚単位で、

その写真を見続けてください

10枚とかだと、逆に飯テロになっちゃいますからね!

インスタとかで検索かけると大量に出ると思います。
それをずっとスクロールして、ずっと見続けるんです。
おいしそうに画像加工されてても、いずれ飽きます(笑)

私みたいに、超忙しくて大量生産する食品店に勤めるのもいいかもしれません。

マク○ナルドとかどうなんでしょうか。ポテト大量に揚げてるからそれも効果ありそうですよね!

またまた長くなっちゃいました;
ぜひ飽きるまで試してみて下さい!

では!

ダイエットのみかた

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中